© 格安SIMへの乗り換え(MNP)で注意すべきチェックポイント All rights reserved.

sim

比較でわかる!乗り換え前にもう一度見たい格安SIM:メリット編

目次

格安SIMに半数以上の人が満足?その理由を徹底的に調査!

今、格安スマホ、格安SIMの利用者がだんだんと増えつつあるのをご存知でしょうか。

たしかに広告で目にする機会も多くなっていますよね。
けれどもその一方で今でも格安スマホ、格安SIMと聞いて「あやしい」「質が悪そう」など思っている人もやはり多いのではないでしょうか。

ただしこのページを見ているあなたは不安に思いつつ、少なくとも格安SIMに興味があると考えています。

まず、ひとつ知っていただきたいのが、格安スマホ、格安SIMは利用者からの評価が良いということです。

たとえばマーケティングリサーチをサービスの一つとし、情報提供をしているMM総研で は格安SIM利用者対象に満足度を調査したところ半数以上の人が満足と回答していると言います。

さらには「利用している格安スマホを他の人に勧めたいですか」という質問に対してもやはり半数以上の人が「勧めたい」と答えています。

この結果何故だと思いますか。
ここではこの格安SIMに対する満足度の秘密、格安SIMのメリットについてお話したいと思います。

格安SIMの何が良いのか、キャリアと比べどこが優れているのか。

なんか不安、あやしいと思ってキャリアを使い続けるあなたも、この格安SIMのメリットを知ると乗り換えてしまいたくなるかもしれません!

※記載しているプランなどの情報は各社の都合で変更になる可能性があります。

キャリアとの比較で見てみよう!「格安SIM」そのメリットとは?

プランがわかりやすい

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)携帯の購入で、プラン内容まで理解して自分でどのプランを使うか決めた人はどれくらいいるのでしょうか。

おそらく多くの人はショップの人に「通話をよく使う」「メールは少しだけ使う」とある程度何をするか説明して、あとはショップの人にプラン選びをおまかせているのではないでしょうか。

よくキャリアのプランは「これとこれがないと割引適用外なんですよ~」や「これを外すとプランが組めなくて~」などなんだか複雑だと感じることが多いというイメージ。

購入したあとに良く分からない追加料金をとられていたと言う話もあるようです。

そのほかにも通常キャリアでは何種類ものプランがたびたび登場、何が違うのかわからない!と言ったり「基本の〇〇プランに〇〇プランとパケットプランと~」とたくさんのプランをつけ、気づいたら「え、9,000円?さらに通話代まで…?」ということが多いのです。

そこでずばり!格安SIMのメリットは?

「①通話の有無②データの使用量の二つで決定」

多くのMVNO(回線をドコモやauといった大手キャリアから借りているSIM提供業者)は基本的にこの「通話」と「データ量」の二つからプランを決めることができます。
さらにはプラン内容が単純なので購入する側も分かりやすいのが格安SIMをおすすめできるポイントです。

では順を追って説明します。
まず格安SIMのプラン選びでは「通話をするか」「データ通信を月にどれくらいするか」を調べる必要があります。

通話は簡単に「月にどのくらいの時間、誰と話すか」を考えるだけで良いでしょう。
たとえば「週一で家族と短い5分以内の通話をする」といったようなイメージです。

データ通信は現在使っている携帯のマイページや音声ガイダンスから確認ができます。

キャリアのデータ通信の見方は以下のようになっています。

・au
「My au」のサイトまたは公式アプリで確認可能、音声ガイダンス(無料)もあり

・ドコモ
「My docomo」のサイトまたは公式アプリから確認可能

・ソフトバンク
「My softbank」のサイトまたは公式アプリから確認可能

契約期間(2年縛り)がないまたは短い+解約金が必要ない場合もあり

通常のキャリア携帯では購入月から二年、短くても一年の契約期間があります。
これを俗に「2年縛り」と言いますが、本当に縛られているわけではなく解約しようと
したらいつでも出来るのです。

ではなぜこのような表現をするのかと言うと、契約期間中に行う解約の解約金(違約金)がなかなかの額を請求されるからです。

そのために簡単に解約ができない状況を指してこのような表現をしているのです。

その額、安くても9,000円近く、高いときは50,000円以上の解約金を支払わなければならない可能性が出てきます。

この金額は使用日数やキャリアによってもちろん変わりますができれば払いたくない額ですよね。

そこでずばり!格安SIMのメリットは?

「契約期間が数ヶ月~一年、なかには無いものも!さらには解約金が必要ないMVNOも!」

その一方で、格安SIMの場合、契約期間が数ヶ月、さらには一年未満といったものがほとんどです。
なかにはおどろくことに、mineoやFREETELのように契約期間が無いMVNOもあります。
くわえて違約金(解約金)も必要としないMVNOも。

二年という長い間、同じ機種に縛られないだけでなく高い解約料を支払わなく良いのなら安心して契約ができますね。

4G回線もLTEも完備!

格安という言葉からボロボロの回線を使っているんじゃ…とあやしんでいる人も多いでしょう。
たしかにキャリアは4G、LTEが当たり前という広告を打ち出していますよね。
それらキャリアの通信回線に慣れている身としては不安に感じるのも無理はないでしょう。

そこでずばり!格安SIMのメリットは?

「キャリアと変わらない!4G回線、LTEも!」

4GやLTEといった回線も格安SIMでは利用可能です。

そもそもMVNOという名前の通り、借りているのはキャリアの回線です。
格安SIMという名前から質が悪いというイメージがあるかもしれませんが、それは間違えということになります。
さらにはそれを破格の値段で同じ回線が使えると言う点も大きなメリットなのではないでしょうか。

なんといってもこの安さ

スマートフォンやタブレットに関するリサーチを行っているMMD研究所が大手キャリアのスマートフォン利用者に対する月額料金を調べたところ、平均7,433円という結果が出ました。
この月の料金をいかに安く出来るか、で奮闘した人もなかにはいるのではないでしょうか。

そこでずばり!格安SIMのメリットは?

「とにかく安い!けど不満が少ない!納得のサービス」

やはり最大のメリットはなんといってもこの安さです。
この安さはキャリア利用時の約五分の一の料金と言えばその安さも伝わるのではないでしょうか。

加えてはじめにお話した、満足度の高さ。
この両立ができているといった事実もメリットとしては大きいのではないでしょうか。

ほかにも端末自体の料金を安く抑えられるというメリットもあります。

通常のキャリア端末は分割で支払いがあるため意識されることは少ないでしょうが、MMD研究所の調査によると多くの人が平均70,000円~90,000円の端末費用を分割で払っていると言います。

それに対して、格安SIMが使用できる端末は10,000円単位のものが多く高くても50,000円台とその違いが一目瞭然です。

今まで分割で高い端末代を払っていたのが一括でも支払えるほどですよね。
以上4点が格安SIMにおけるメリットとなります。
一つ一つが今までキャリアスマホを使いつつ、不満に思っていた点であるのではないでしょうか。

「比較でわかる!乗り換え前にもう一度見たい格安SIM:メリット編」まとめ

hikaku2

  • プランがわかりやすい
  • 契約期間(2年縛り)がないまたは短い+解約金が必要ない場合もあり
  • LTEも3G回線も完備!
  • なんといってもこの安さ

いかがでしたか。
今回は格安スマホや格安SIMのメリットについてお話しました。

格安SIMは乗り換えもキャリアと比べしやすくなっていますので、キャリアに少しでも思うところがあるのなら一度変えてみることをおすすめします。

関連記事

caution

20174/25

2STEPで選ぶ!格安SIMで気をつけたい「通話」プランの注意点

目次 音声通話SIMの落とし穴!購入前に確認したい「通話」のこと 自分の通話状況から選ぼう!あなたにあった通話プラン …

7.比較でわかる!乗り換え前にもう一度見たい格安SIM:デメリット編

比較でわかる!乗り換え前にもう一度見たい格安SIM:デメリット編

目次 現在は改善されつつある…?格安SIMのデメリットをご紹介 比較でわかる!改善案と現状で見る、格安SIMのデメリット…

5.【個性が光る!】「使い方」で見つける!おすすめMVNO徹底紹介:後編

【独自サービス】「使い方」で見つける!おすすめMVNO徹底紹介:後編

目次 続・「使い方」で見つける!おすすめMVNO徹底紹介!…の前に あなたに合った「使い方」で見つける!おすすめMVNO…

Thumbs

20174/25

【個性が光る!】「使い方」で見つける!おすすめMVNO徹底紹介:前編

目次 独自サービスが光る!MVNOの個性的おすすめプランをご紹介!の前に あなたはどれ?「使い方」別で見るおすすめ「MV…

rank

【人気ランキング上位集合!】格安SIM選びに知っておきたいおすすめMVNO

目次 【人気順】人気のMVNOランキングをさらにランキング【比較の比較】 「【人気&個性派】格安SIM選びに…

ページ上部へ戻る